子ども基本法WEBサイト

子ども基本法の
制定をめざしてすべての子どもの権利が守られ
幸せに成長できる社会をつくる
Scroll
子ども基本法について

子ども基本法についてAbout

少子化が進み子どもの総数が減少している日本ですが、児童虐待通報は急増し、いじめ、自殺、不登校の深刻化など、子どもが生きづらい世の中になっています。にもかかわらず、日本には子どもに関わるあらゆる場面で、子どもの権利が守られるべきと定める基本の法律がありません。日本は子どもの権利が守られているとは言いがたい現状なのです。

View More

研究会 提言書

提言書はこちら(PDF)

子どもコミッショナーについてChildren's Commissioner

子どもの権利が守られているか監視し、子どもの声を代弁する代弁者としてのアドボカシー活動などを行う機関を子どもコミッショナーといいます。子どもの権利に関する包括的な法律の制定と共に、子どもの権利を監視するための独立した機構である子どもコミッショナーの設置が求められています。

View More
子どもコミッショナーについて
ページの先頭へ

痛みも、希望も、未来も、共に。